『ニューミュータンツ』にドラゴンのロッキードが登場 - 監督がコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

映画公開が迫っている20世紀FOXが最後に手掛けたX-MEN映画『ニューミュータンツ』。予告編が公開されるやいなや、世界中のマーベルファンを引き付けた今作は、アメコミ映画としても初の本格ホラー映画として公開されることでも話題です。

そんな映画に新たに登場するキャラクターについて監督が初めてコメントをしました。

キティ・プライドの相棒的存在?

『ニューミュータンツ』を監督したジョシュ・ブーン監督は、海外メディアのEntertainment Weekly誌のインタビューに答え、今作にドラゴンの姿をした異星人のロッキードが登場することを明かしました。

Exclusive: The New Mutants director sets the record straight on reshoot rumblings

『そこにロッキードの姿が少しあります。これ以上は言いませんが、私たちが彼を世界に持ち込み、イリアナ(マジック)の物語の一部として彼を持っていることに満足しました。』

ロッキードに関しては以前から映画に登場することが推測されており、マジックを演じるアニャ・テイラー=ジョイは以前に共有したキャストとの集合写真で、ロッキードと思しきぬいぐるみを持っていたことがわかっている。
今回の監督のコメントによってそれが確実なものとなりましたね。ただ物語どれほど関わるかは定かではない。

コミックでのロッキードは、紫色をした小型ドラゴンのような見た目をしており、正体は異星人で諜報機関S.W.O.R.D.のエージェント
キティ・プライドとも関係の深いキャラではありますが、キティ・プライドは今作には登場しないとみられます。ただマジックとキティ・プライドは親友関係でもあるため、何かしらの言及があるかもしれませんね。

『ニューミュータンツ』は2020年4月3日に全米公開予定です。

関連記事を読む

コメントをする