『ニューミュータンツ』の公開延期になった理由がプロデューサーから明らかに - FOX買収は関係ない?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

20世紀FOXはマーベル作品の『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』の映像化権を所有していましたが、ウォルト・ディズニー社に買収されたことによってそれらの権利もマーベル・スタジオへ実質的に集約されることいなりました。

直近では『X-MEN:ダークフェニックス』が最後のX-MENとして控えていますが、実はまだ『ニューミュータンツ』の公開も控えているのです。

『ニューミュータンツ』は幾度の公開延期をしてきており、当初の予定から1年以上の間が空いています。ファンの間ではディズニーによる買収が影響しているといわれていましたが、最近の情報によるとどうやらもう少し異なる理由のようです。

再撮影による延期

『ニューミュータンツ』のプロデューサーであるサイモン・キンバーグ氏は、海外メディアのデジタルスパイのインタビューに答え、映画が幾度も延期されている本当の理由を共有しています。

Exclusive: Why X-Men spin-off The New Mutants was delayed again 

映画は今年再撮影を行う予定ですし、ディズニーからの新しい公開日を持っています。

以前にも再撮影のために公開が延期されてことがあり、その際は『IT/それを見たら、終わり。』に影響され、当初のものからよりホラーテイストを強くした映画するという狙いがありました。
しかしそのあとも延期は続き、一時期はHuluのような動画配信サービスでの展開がささやかれていました。

先日ディズニーが発表した傘下企業を含めた映画公開スケジュールには『ニューミュータンツ』の名前もあったため、ひとまずは延期という形に落ち着いています。

今後『X-MEN』シリーズはMMCUに合わせた形で映画がリブートされるのではないかと予想されています。『デッドプール』に関してはいくつかの方法が検討されていますが、今後どのように作品同士を合わせていくのか注目されています。

本当の意味での最後のX-MENになる『ニューミュータンツ』は2020年4月3日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!