新作DCドラマに『ゴッサムナイツ』が制作へ ー ブルース・ウェイン亡き後のゴッサムを舞台にした作品に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスを原作とした、米国の放送局CWが放送しているDCドラマシリーズに新しい作品として『ゴッサムナイツ』が追加されることが、海外メディアのエンターテインメント・ウィークリーの記事よりわかった。
記事ではパイロット版の制作が正式に注文されたとしており、今後シリーズ化に向けた動きも見られると思われる。

『ゴッサムナイツ』は同名ゲーム作品も存在しており、ゲームではブルース・ウェイン/バットマン亡きあとのゴッサムシティの街で、ナイトウィング、ロビン、レッドフード、バットガールが主人公となっている。

ドラマでは同じくブルース・ウェインが殺害されてしまった後のゴッサムシティが舞台となっており、彼の養子バットマンのヴィランの子供たちがチームを組んで街の次世代の救世主になるといった内容になるとのことで、個人的には非常に面白そうなストーリーで期待をしている。

今作はアローバースとの世界観を共有した作品ではなく、独立したシリーズに位置づけられるとのこと。そのため『バットウーマン』との関連性もない。
とはいってもマルチバースをすでに何度も超えてきているDCドラマシリーズなだけに、今後世界の壁を超えた共演の可能性も十分に考えられるだろう。

今後『ゴッサムナイツ』に関する情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。