ジェームズ・キャメロン監督、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の大ヒットを受け、続編を「作らなければいけない」と明言!

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ジェームズ・キャメロン監督が長年構想を続け公開された『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。水に焦点を当てた今作は水中の映像表現が高く評価されている。
海外の記事によると、ジェームズ・キャメロン監督はHBOの番組「Who’s Talking to Chris Wallace? に出演し、巨額の予算を投じた続編が世界興行収入15億ドルを突破したことを報告した。その中で、続編についても「作らなければならない」と語った!

“この映画の勢いをもってすれば、あと数日で簡単に収支均衡を達成できそうです。これは続編をやらなければならないようです。今後6~7年間、自分が何をすべきかは分かっています。重要なのは、我々は大丈夫だということ。「アバター3」はすでに完成しており、全編を撮影しているので、ポストプロダクションでCGの魔法をかけているところです。『アバター4』と『アバター5』は、どちらも脚本が完成しています。4の一部も完成しています。この時点で、1つのフランチャイズが始まったんです。複数の映画にわたって展開できるサーガを始めたのです。”

新たに始まったアバターバースはどのような世界を展開するのだろうか。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は現在劇場にて絶賛公開中!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。