『ヒロアカ』Netflixで実写映画化!-『オビ=ワン・ケノービ』脚本家と『今際の国のアリス』監督がタッグ

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

週刊少年ジャンプで連載されている世界でも大人気の漫画『僕のヒーローアカデミア』。その実写映画作品をNetflixが制作に着手したとHollywood Reporterが報じた!

記事によると、『オビ=ワン・ケノービ』ジョビー・ハロルド氏が脚本を手がけ、監督は『今際の国のアリス』で高い評価を得ている佐藤信介監督が務める。佐藤監督は『いぬやしき』『アイアムアヒーロー』なども手掛けている監督で、今回の実写化が実現すれば初のハリウッド映画の監督を務めることとなる。

Netflixではあの大人気漫画『ONE PIECE』『幽遊白書』の実写化も決定しており、ジャンプ作品が立て続けに実写化されることとなる。
しかし懸念点もある。同じくNetflixで配信されていた日本の大人気アニメの実写化ドラマ『カウボーイビバップ』は原作への多くのリスペクトを含みつつも不振に終わり
『デスノート』の実写化も評価は芳しくない。日本の漫画からの実写化は非常に難しいコンテンツの1つとなっているようだ。

『僕のヒーローアカデミア』は「個性」と呼ばれる超能力を持った高校生たちを描くシリーズ。Netflixは一体どのように実写化するのだろうか。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。