Netflix『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『パニッシャー』などマーベルドラマ、22年2月末で配信終了へ 

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Netflixのオリジナルシリーズとして配信されていたマーベルドラマ『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』『アイアンフィスト』『ザ・ディフェンダーズ』『パニッシャー』の5タイトルが2022年2月28日で配信終了することが、Netflixの各作品のページにてアナウンスされた。

厳密な理由は不明ではあるが、Netflixとマーベル、その親会社のウォルト・ディズニー社との契約が関係していると思われる。
一部作品はDVDなどがリリースされており、有料配信では別の動画サービスでも視聴することはできるが、見放題での配信がどうなるかはわかっていない。

海外メディアのDeadlineによれば近いうちにディズニー社が新しい配信先についての発表を行うと伝えている。

『デアデビル』などのNetflixマーベルドラマは人気があるにも関わらず数年前に全てが制作終了し、そこから約2年の間は新作をマーベルやディズニーが制作できないという契約が交わされていたと言われている。

すでにその2年は経過しており、全ての作品の権利はマーベルにあるとみられる。これが今回の配信終了の主な理由なのではないかと推測することができるだろう。

予兆としてはDisney+ (ディズニープラス)で配信されていた『ホークアイ』に、『デアデビル』に登場していたキングピンが同じヴィンセント・ドノフリオが演じる形で現れており、そういったところからも権利が完全にマーベルに戻っていることが伺える。

ファンとしては寂しい気持ちではあるが、今後これらのキャラクターたちがMCU作品に続々と参戦することは喜ばしいことではある。
ドラマシリーズがDisney+ (ディズニープラス)での配信がされるかどうかにも注目をしていきたいところだ。

いずれにしてもまだ未視聴の方はぜひとも今のうちにNetflixのマーベルドラマを楽しんでおくことをおすすめする。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。