Netflix版『デアデビル』、キャストそのままにリブートか? ー 『エコー』登場の噂も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Netflixでシーズン3まで配信されていたマーベルドラマ『デアデビル』
今作はNetflixとウォルト・ディズニー社の契約が終了に連なる形で製作も終了していた。

人気を博しながらも惜しくも続編が作られることが無かった『デアデビル』だが、新たな情報によれば今作がリブートされる計画がマーベル・スタジオ内にあるとされている。

ジェシカ・ジョーンズなどの可能性も?

海外の有名スークパーであるダニエル・リヒトマン氏によれば、新たに『デアデビル』の単独作が製作される計画があると伝えている。

RUMOR: Marvel Studios Considering a Soft-Reboot ‘Daredevil’ Project With Original Actors

今のところそれがドラマなのか映画なのかはわかっていないが、新しい『デアデビル』には主演のチャーリー・コックスを含め、サブキャラクターたちもキャストをそのまま起用するとのことだ。
またこれ以外にもNetflixドラマからのキャラクター登場を計画しているとし、ジェシカ・ジョーンズやパニッシャーも同キャストで登場が期待される。

また別の情報では11月にDisney+ (ディズニープラス)で配信されるドラマ『ホークアイ』のスピンオフとして計画されている『エコー』にも登場するとされている。

Daredevil Now Rumored To Have A Supporting Role In Disney+ ECHO Series

『エコー』には以前にもヴィンセント・ドノフリオ演じるキングピンが登場すると噂されており、ここにチャーリー・コックス演じるデアデビルも追加されるかもしれないとのことだ。

コミックではキングピンに育てられたエコーがデアデビルと対峙するといった設定があるため、ドラマでも同様のストーリーが描かれるのではないかと推測される。

ファンとしては非常に期待が膨らむ今回の『デアデビル』の再始動のニュース。ただ物語や設定に関してはNetflix時代のものを引き継がずにリブートされるともいわれているため、どのようにしてMCUシリーズに本格参戦するのかは注目すべきだろう。

今後も『デアデビル』に関する新しい情報が入り次第お知らせいたします。

関連記事を読む

コメントをする