『Ms.マーベル』、スーパーパワーの源が判明 ー コミックからも変更へ

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているマーベルドラマ『Ms.マーベル』の主人公カマラ・カーンは、コミックでは自分の体を自由自在に伸縮・縮小・拡大することができる、いわゆるゴム人間のような能力をもったキャラクターだった。

しかしドラマ版ではその能力の表現が変更されていることが予告編などからもわかっており、紫の結晶のようなエネルギー体を作り出して攻撃を防御をするようなものとなっていた。

そして今回海外の雑誌であるエンパイア誌から彼女の力の源も変更になっていることが明らかになった。

『カマラ・カーンが腕輪のペアを介して宇宙のスーパパワーをで紫色の結晶を実体化させる能力を獲得した時、彼女はピーター・パーカーやマイルス・モラレスのように二重のアイデンティティを持つことがとても大変であることを理解する。』

予告編にも一瞬登場した腕輪がカマラにスーパーパワーを与えた源であることが改めて確認された。

出典:©MARVEL

この腕輪がどういったものなのかはわかっていないが、『シャン・チー』に登場したテンリングスにも似たアイテムのようにも見える。

ちなみにコミックでのカマラはインヒューマンズであり、彼女自身に宿ったスーパーパワーを使ってMs.マーベルとして活躍していた。

今回の変更はアイテムに頼るといったものになっていることで、一部のファンにとっては腑に落ちない反応もあったりする。
この腕輪さえあれば別の人間でも能力を発揮できるのかどうかはわからないが、この変更点がどこまでファンに受け入れられるかが『Ms.マーベル』の成功のカギとなりそうだ。

ヒーローオタクのティーンエイジャーヒーローが活躍する『Ms.マーベル』は2022年6月8日よりDisney+ (ディズニープラス)で配信開始予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

  1. K より:

    その腕輪に初めて触った人のみがその能力を使用できる。とかだったら納得いくかな

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。