『Ms.マーベル』イマン・ヴェラーニ、『ドクターストレンジMoM』の好きではないシーンを明かす ー 「あのシーンは・・・」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの新たなドラマシリーズとしてDisney+ (ディズニープラス)で配信が始まる『Ms.マーベル』では、主演に新人女優のイマン・ヴェラーニが出演しているが、彼女自身もカマラ・カーンのようにマーベルファンであることは有名な話だ。

そんな彼女が先日公開されたMCU映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』について、好きではなかったシーンについて海外メディアのエリートデイリーに対して明かしてくれた。

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。逃げてな方はご注意ください。

『私はたくさん意見がありますが、時間がないです。要約しますと私はサム・ライミが大好きです。ただ誰からなにを言われても構いません。ブラックボルト、彼を汚したと思います。私は彼の死は受け入れられませんでした。』

ブラックボルトはドラマ『インヒューマンズ』と同じくアンソン・マウントが演じたインヒューマンズの王で、劇中ではイルミナティのメンバーとして登場していた。

声を発することで衝撃波を発生させることができるという特殊能力を持っているが、その力を発揮する前にワンダによって口をふさがれてしまい、それに驚いて声を出したことで脳を破裂させてしまって自爆してしまっていた。

ファンにとっても衝撃的なシーンではあったが、原作のMs.マーベルがブラックボルトと同じインヒューマンズだっただけに、イマン・ヴェラーニにとってはそのシーンを受け入れることが出来なかったようだ。

この出来事がアース838というメインのアース616とは別世界の出来事だったため、今後616でインヒューマンズのブラックボルトと共演する可能性はあり得るが、やはり彼の死が衝撃的であっけなく描かれたことにはショックを隠せないようだ。

ちなみにマーベルオタクの彼女はMCU世界がコミックのメイン世界と同じアース616であることについても引っかかっているようで、ケヴィン・ファイギ氏にそのことを伝えないといけないとジョーク交じりに話したことがあった。

マーベルが好きすぎる人にとってはなおのこと感情が激しくのたうち回ってしまう『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は劇場公開中で、Disney+ (ディズニープラス)でも配信を予定している。
イマン・ヴェラーニ主演の『Ms.マーベル』はDisney+ (ディズニープラス)で6月8日より配信開始予定

『Ms.マーベル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。