『Ms.マーベル』、プロモアートから能力の演出が判明か? ー コミックと変更

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているマーベルドラマ『Ms.マーベル』は、まだ歴史が浅いキャラにも関わらずコミックでもファンの多い存在で、ドラマシリーズもなおのこと注目度の高い作品となっている。

そんな今作のプロモアートと思しきイラストが海外から入ってきた。

主人公のMs.マーベルはクリスタルのような大型の腕を飛び出させている姿が描かれている。

これは彼女の能力を発現したものと思われるが、コミックのものと比べると異なるタイプの表現方法になっている。
以前の情報では、DCコミックスのグリーンランタンのような能力表現になると伝えられていたのだが、このイラストをみるとどうやら事実だったようだ。

コミックでの彼女は、自身の体を自由に拡大縮小できるような能力となっており、『ワンピース』で言うところのルフィのゴム人間のようなものなのだ。

この表現変更についてはファンの間でも賛否が分かれる意見がSNS上でも活発に聞かれている。
変更された理由はわかっていないが、一部では『ファンタスティック・フォー』に登場するミスター・ファンタスティックの能力と被らないようにしているのではないかと推測されている。

実際の映像表現ではどのようになるかはまだわかっていないため、今後予告編などを含めて配信開始に期待をしておこう。
『Ms.マーベル』はDisney+ (ディズニープラス)で配信を予定している。

関連記事を読む

コメントをする