『Ms.マーベル』親友役マット・リンツ、MCU版スパイダーマン役候補だった ー 「トムホに会いました」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのドラマ作品としてDisney+ (ディズニープラス)で配信されている『Ms.マーベル』
今作には主人公のカマラ・カーンの親友ブルーノ役として若手俳優のマット・リンツが出演しているが、実は彼は以前にMCU版スパイダーマン役の候補であったことが海外メディアのインタビューのなかで明らかになった。

僕はスパイダーマン役のトップでしたが、最終的にはトム・ホランドになりました。私は彼が誰かわからないよ(笑)ある日、彼がドラマのセットにきて話したときはクールだった。僕は彼を非常に尊敬しているよ。』

当時は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でのスパイダーマン役のためのオーディションを受けていたとしており、どうやら良いところまで行っていたとのことだ。

ドラマを見ていたファンもマット・リンツに対してピーター・パーカーのような雰囲気を感じとっていたとコメントする人もいるため、トム・ホランドについでスパイダーマンとしては適役だったのかもしれない。

結果的にはスパイダーマンを演じることはなくとも、別の機会である『Ms.マーベル』でMCUに参戦することになった。今後彼のキャラクターがどこまで活躍するかはわからないが、カマラ・カーンにとっても外すことができないためにラストの展開や、さらにはトム・ホランドとの共演を果たせるかどうかも期待しておこう。

『Ms.マーベル』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

『Ms.マーベル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。