『Ms.マーベル』第1話の”あの描写”をMCU世界の市民はどうやって知った? ー プロデューサーがコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『Ms.マーベル』のネタバレが含まれています。ご注意ください。

ついに配信が始まった新たなマーベルドラマ『Ms.マーベル』は、アベンジャーズファンのカマラ・カーンがキャプテン・マーベルのコスプレをして劇中に登場するイベント「アベンジャーズ・コン」に参加する様子が第1話で描かれていた。

そのイベントでは主に『アベンジャーズ/エンドゲーム』でサノスと激突したヒーローたちのグッズやコスプレを見ることが出来たが、そのなかには宇宙で活躍してサノス襲撃の際に地球でも活動したガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのものもあった。

おそらくガーディアンズについては『エンドゲーム』のラストで戦いが終わってすぐに宇宙に再び旅立ったとされており、一般市民と交流する機会は殆どなかったのではないかと推測される。

この点について今作のプロデューサーであるサナ・アマナト氏海外メディアのインタビューのなかで言及をしていくれた。

『いまのところはただの仮定ではあります。ある種の記録媒体があったのでしょう。人々はおそらくそれを見て映像から情報を得たのだと思います。(中略)ガーディアンズが誰なのかわからない場合、人々はどう思うでしょうか?彼らは自分たちが考えた名前を作り出しますグルートのことをミスター・ツリーと言ったり、ロケットは”アライグマのようなもの”とひどい名前をつけられていました。スターロードはスターボーイです』

ガーディアンズはスターロードのみが地球出身ではあるが、その活動のほとんどが銀河と様々な惑星だった。
そのため彼らの活躍は地球の人々には行き届いてはいないはずだ。

一方で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で人々が消えていた間、ネビュラとロケットはアベンジャーズのメンバーとして度々地球に来ていたことが映像のなから示唆されており、少なくともその二人は以前から一般市民に知られていたのではないかと思われる。とはいってもロケットは”アライグマのようなもの”と名付けられているため、しっかりと名前は周知されていないようだが。

このように『Ms.マーベル』は一般市民視点からのアベンジャーズの活躍などを観ることができる貴重な作品でもある。アベンジャーズの大ファンであるカマラ・カーンがヒーローとして成長していく姿も楽しめるもののため、いままでのMCU作品とは一味違った世界観も楽しむことができるだろう。

『Ms.マーベル』はDisney+ (ディズニープラス)で独占配信中だ。

『Ms.マーベル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。