『ミズ・マーベル』のオーディション映像が公開? - インヒューマンズやニュー・アベンジャーズについてのセリフも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社がサービス開始するストリーミングサービスの「ディズニー+」では、MCUシリーズの新たなヒーロードラマとして『ミズ・マーベル』が製作される予定で、現在は出演キャストのオーディションが行われていると伝えられています。

そしてそのオーディションと思われる映像がツイッターで話題を呼び、そこで話されるセリフにも注目が集まっています。

キャプテンマーベルにも言及か?

『ミズ・マーベル』の主人公であるカマラ・カーン/ミズ・マーベル役のオーディション映像とみられる動画がツイッター上で公開されており、そこで主演候補の女優が話すセリフに注目です。


セリフの中では幾度か「Cap(キャップ)」という単語が出ており、これはおそらくキャプテンマーベルのことを指していると思われます。コミックでのミズ・マーベルはキャプテンマーベルに憧れを抱く10代のムスリム系少女という設定であり、それが実写ドラマのなかでも受け継がれる可能性があります。

そのほかにもニュー・アベンジャーズテリジェンウェーブという単語も聞き取ることができます。

ニュー・アベンジャーズとはコミックにも登場しており、漫画『アベンジャーズ: ディスアセンブルド』では複数のメンバーを失ったアベンジャーズが解散し、その後新たなメンバーで再結成されたのがニュー・アベンジャーズでした(他作品でも登場しています)。
MCUでもこの漫画に近い状況が起きており、『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではトニー・スターク/アイアンマンやナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウが死に、スティーブ・ロジャース/キャプテンアメリカは年老いておりヒーローを引退しています。

こういった点を考えると『ミズ・マーベル』の中でニュー・アベンジャーズが結成されることについて触れられるのかもしれません。

テリジェンウェーブにはすでに近い単語のテリジェンミストがMCUドラマ『エージェント・オブ・シールド』で登場しており、インヒューマンズを覚醒させるもとになったものとして知られています。
おそらくはカマラ・カーンがインヒューマンズの1人としてあることが関係している思われます。

一説にはドラマ『インヒューマンズ』がMCU内でリブートされるといわれており、新たなブラックボルト役にはヴィン・ディーゼル、マキシマス役にはアーロン・テイラー=ジョンソンが演じると噂されています。

様々な気になる単語がオーディション映像の中でも複数飛び出す『ミズ・マーベル』。おそらくMCUシリーズにとっても次なる世代のヒーローを描く作品として大きな注目を集めることは間違いないでしょう。

『ミズ・マーベル』はディズニー+のオリジナルドラマとして独占配信予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です