『モービウス』ヴィジュアルが公開か - MCUスパイディとのクロスオーバーの噂も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベルの実写映画を製作しているのはマーベル・スタジオだけではなく、スパイダーマン関連の権利を持つソニー・ピクチャーズも近年再び勢いを増し始めています。

2020年にはトム・ハーディ主演の続編映画『ヴェノム2』や、ジャレッド・レト主演のバンパイア映画『モービウス』が公開を控えています。
特に『モービウス』は間もなく予告編が公開されるとして注目を集め始めています。

そんな今作の初のビジュアル写真と思われるものがネット上で話題を呼んでいます。

青白い肌に鋭い牙

海外のあるツイッターアカウントが、今夏に公開予定の『モービウス』のヴィジュアル写真と思しきものを投稿。

そこには赤い目に青白いグロテスクな肌、そして鋭く大きな牙をむき出しにしたモービウスに似ているキャラクターが映し出されています。全体的に非常にホラーテイストで恐ろしい雰囲気となっています。

これは原作コミックのモービウスのイラストともほぼ同じ構図となっており、写真の信憑性がより高まっています。

この写真がジャレッド・レトのモービウスなのかどうかという確証を得ることはできませんが、否定する情報もないため、多くのファンはこれが本物であることを信じています。

また海外メディアのComicbook.comでは、『モービウス』の中にMCUシリーズのトム・ホランド演じるスパイダーマンもカメオ出演するとの情報を伝えています。

Morbius Reportedly Includes Spider-Man Mention With Major MCU Character Crossover

記事ではスパイダーマンが『モービウス』に多く登場するわけではないが、その存在を匂わせるような演出としてニューヨークの街にスパイダーマンの指名手配ポスターが貼られたセットがあるとしています。

なぜスパイダーマンが指名手配されているかというと、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のポストクレジットシーンを思い出してみるとわかります。
シーンではJ.K.シモンズ演じるJ・ジョナジェームソンのデイリー・ビューグルが、スパイダーマンがミステリオを殺害し、しかもその正体がピーター・パーカーであることを大々的に報じたのです。

その後のストーリーは描かれていませんが、もしそのニュースを世間が信じていればスパイダーマンことピーター・パーカーが指名手配犯になるのはうなずけます。

おそらく『モービウス』では『ファー・フロム・ホーム』の後のニューヨークが主な舞台になるのではないかと推測できます。

ただこの情報も確定的なものではないため、真相がわかるのはもうすこし後になりそうですね。

もう間もなく予告が公開される『モービウス』は2020年7月16日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です