『モービウス』、早くもレビューが到着か ー メディア記者たちがすでに鑑賞

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズの新たなマーベル映画として公開予定の『モービウス』は、元は2020年に公開予定だった映画で、新型コロナウイルスの影響によって約2年もの延期をしてのようやくの劇場公開を迎えることになる。

そんな今作のレビューが早くも到着したと、海外メディアのGWWの編集者がツイッターで投稿している。

GWW編集者によれば、今回のレビューはメディアへの掲載のために先に映画を鑑賞した記者によるもので、次のように述べていると伝えている。

『この映画をすでに見た数人のジャーナリストから聞いたことによると、映画は退屈で計算されていないということだ。”悪い”ということを除いて、全体的に一貫性がない。』

ところどころにで面白い瞬間があり、、そしてイースターエッグも2〜3個ありますが、それ以外は家に帰ってから見てもいいでしょう。』

これはあくまで映画批評家ではなくメディア記者によるレビューのため、どこまで精度が高いものかはわからないが、あまり評価は芳しくないことが伺える。

満を持して公開する映画であり、なおかつ『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のあとの最初のスパイダーマン関連の映画ともあって、良くも悪くもハードルが上がってしまっている『モービウス』。今回のレビューは映画を見る上では少し心もとない気がする。

一方で蓋を開けてみなければ実際の観客の評価がどうなるかはわからないものだ。それは奇しくも同じソニーズ・スパイダーマン・ユニバース作品の『ヴェノム』で証明されている。

『ヴェノム』は公開前、ロッテントマトなどでの映画批評家による評価はあまり良いとは言えず、公開前から不安視される作品だった。しかしいざ公開されればヴェノムの思いがけないマスコット的なキャラクター性に心を掴まれたファンも多く、結果的には続編が作られる人気作品となった。

『モービウス』でも同様の挽回できる可能性が十分にありえるため、まずは自分の目で確かめてみることをおすすめしたいところだ。

映画は2022年4月1日に日米同時公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. 匿名 より:

    確かに今作はハードル高そうだな・・・

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。