『ムーンナイト』脚本家、デイン・ウィットマン登場のアイディアを明かす ー ウェアウルフとブレイドは?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのドラマ作品として配信されたマーベルドラマ『ムーンナイト』
今作はMCU世界で展開されたストーリーながらも他のキャラクターが登場したりすることがなかった珍しい作品になっている。

ただ製作時点ではいくつかのアイディアもあったようで、脚本家のジェレミー・スレイター氏は海外メディアのComicbook.comにて、『エターナルズ』に登場したセルシの恋人のデイン・ウィットマンが現れるアイディアがあったことを明らかにした。

デイン・ウィットマンは歴史博物館で働いているという理由だけで少し話はしました。もししたら自然なやりとりかもしれません。彼を演じるキット・ハリントンを見たら、あまり彼はこの作品には合わず、暴力を振るうようには見えなかった。』

結局はデインというキャラクター自体が『ムーンナイト』の作風に合わないという判断から登場させることはなかったとしている。
ムーンナイトのスティーヴンも博物館で働いていることから共通点はあるが、逆に言うと共通点はそれだけだ。

万が一デインが登場していたら、『エターナルズ』のキャラクターが初めて別の作品に初めて登場する事例にもなっていたが、作品に合わないのならば致し方なし。

ちなみにスレイター氏は単独作品が決まっているウェアウルフブレイドを登場させること考えていたかについてもコメントしている。

ウェアウルフ自体を登場させることの議論はありませんでした。なぜなら彼は自身の計画を持っていたからです。ケヴィン・ファイギ氏はウェアウルフをどのようにしていくかについてのアイディアを持っていました。私はみなさんと同じく(ウェアウルフについては)暗闇のなかです』
『どのキャラクターが使用禁止なのかは事前に知らされています。「ムーンナイト」の製作を始めた時にブレイドについても調査しようとしていました。ただマーベルは別でブレイドを保持していたかったのだと思います』

ウェアウルフはDisney+ (ディズニープラス)のハロウィンスペシャルドラマとして『ウェアウルフ・バイ・ナイト』が配信されると言われており、ブレイドもマハーシャラ・アリ主演で単独映画化が決まっている。

同じダークヒーロー系のキャラクターのため、ムーンナイトとの共演に期待するファンもいたが、現状ではマーベルは彼らのクロスオーバーは考えていないようだった。

もちろん今後の展開次第では三人のダークヒーローがチームアップすることもあり得るし、ひいてはブレイドと関係のあるデインも参加してくるかもしれない。
少なくとも今後の展開には目を離すことはできないだろう。

マーベル・スタジオ初のダークヒーロードラマ『ムーンナイト』はDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。