『ムーンナイト』『シー・ハルク』『ミズ・マーベル』が映画にも登場することが判明! - マーベル・スタジオ代表が認める

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオは新たな取り組みとして、今までマーベル・テレビジョンが担ってきたドラマ製作を自ら手掛けようとしています。ディズニー+オリジナルドラマとしてスピンオフの『ロキ』『ファルコン&ウィンターソルジャー』『ワンダヴィジョン』『ホークアイ』を、そして新たなヒーローの活躍を描く『ムーンナイト』『シー・ハルク』『ミズ・マーベル』の製作を進めようとしています。

それらの新しいヒーローたちがドラマ以外でも活躍していくのかということは様々予測はされていましたが、マーベル・スタジオの代表は改めてドラマと映画のクロスオーバーをコメントしました。

ドラマの後には映画にも登場

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ氏は海外メディアのハリウッドレポーターのインタビューに答え、ディズニー+で製作される予定のドラマ『ムーンナイト』『シー・ハルク』、そして『ミズ・マーベル』映画にも登場してくることを明らかにしました。

Marvel’s Kevin Feige Breaks Silence on Scorsese Attack: “It’s Unfortunate” (Exclusive)

『シー・ハルク、ミズ・マーベル、ムーンナイトなどの製作をアナウンスした一部のキャラクターは、ディズニー+のドラマで初登場し、その後は映画にも出ます。

このドラマのキャラクターと映画がクロスオーバーすることは多少なりとも予想されていたものではありますが、ケヴィン・ファイギ氏が正式にコメントしたのは今回が初めてだと思われます。

今までのマーベルドラマは『エージェント・オブ・シールド』のフィル・コールソンや『エージェント・カーター』のペギー・カーターなどの映画が初登場の一部のキャラクターを除いては、映画とクロスオーバーすることはありませんでした。世界観の共有は匂わせながらもはっきりとお互いの存在を認識しているようなことも描かれてはいませんでしたね。

しかしディズニー+のドラマからマーベル・スタジオが映画だけではなくドラマの製作も指揮することになってからは、2つの媒体による作品もクロスオーバーすることは十分にあり得ます。

例えば原作でのシー・ハルクことジェニファー・スー・ウォルターズは、ブルース・バナー/ハルクと従姉妹の関係であり、ジェニファーが輸血でブルースの血を入れたことによりハルクの能力を受け継いでいます。
ミズ・マーベルことカマラ・カーンも、キャプテンマーベル/キャロル・ダンバースに憧れを抱いてヒーローとなったティーンエイジャーであることは有名でした。

このように映画に登場したキャラクターとも関係が深いヒーローが主人公であるため、おそらくドラマや映画でもこの設定が引き継がれていくのではないかと考えられます。

果たしてマーベル・スタジオの新たな取り組みとなるディズニー+のドラマはどのようになっていくのでしょうか?今後の情報に注目です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です