『ムーンナイト』監督、『ワンダビジョン』シーズン2について言及 ー 「彼女は映画に飛び込んだ」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

2021年のMCUシリーズとしてトップバッターを切り、なおかつDisney+ (ディズニープラス)で配信されるマーベル・スタジオ製作の初のドラマシリーズとしても話題を呼んだ『ワンダヴィジョン』

今作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』のあとに、ヴィジョンが犠牲になったことから立ち直ることができずに悲しみにくれるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチの能力の暴走を描いており、それによってひとつの街がワンダの魔術によって、彼女の理想の世界に閉じ込められてしまった。

そこから魔女のアガサ・ハークネスとの対決によってワンダはスカーレット・ウィッチとして覚醒し、現実に戻ることができた。

いまのところ『ワンダヴィジョン』の続編に関する情報なく、限定的なシリーズになると伝えられていたが、今回同じくDisney+ (ディズニープラス)の配信ドラマ『ムーンナイト』でメガホンをとったモハメド・ディアブ監督海外メディアのインタビューに対して、改めて今作の続編がないことを示唆した。

『「ワンダビジョン」はクレイジーな世界だった。このドラマのように成功してもシーズン2は製作されていない。ワンダは映画に飛び込んでいった。戻ってくるかどうかはわからない。とてもエキサイティングなことなので。』

ディアブ監督が『ワンダヴィジョン』に関係あるのかはわからないが、少なくともマーベル・スタジオの関係者として、また業界人として『ワンダヴィジョン』のシーズン2の製作がない可能性を示唆した。

これは同じく配信ドラマである『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』や『ホークアイ』も同じではあるが、現状では『ロキ』のみがシーズン2の製作アナウンスがされていた。

特徴的なのはいまのところ続編が決まっていないのが、元々映画で活躍したキャラクターたちのスピンオフ作品のみといった感じだ。
今後配信予定の『ムーンナイト』や『Ms.マーベル』、『シー・ハルク』などのドラマから誕生するヒーローたちの作品がどうなっていくかはわからない。

一方で『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』では、公式にはアナウンスされていないものの、俳優たちなどの関係者から製作が確認されている映画『キャプテン・アメリカ4』のような実質的な続編が製作されるとった例もある。
果たしてマーベルのドラマシリーズはどのような展開を見せていくのだろうか?今後の動きについてはぜひとも注目しておきたいところだ。

ちなみに『ワンダヴィジョン』の続編はないが、さらなるスピンオフドラマとして『アガサ:ハウス・オブ・ハークネス』の製作が予定されている。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。