『ムーンナイト』、ジョージ・クルーニーが監督したエピソードが? ー 海外メディアが報道

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているマーベルのオリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』
今作はすでに大方の撮影は終了しているようで、あまり詳細なことも伝えられないまま配信を待つこととなっている。

そんな今作のエピソードの中に、あの有名俳優であるジョージ・クルーニーがメガホンを取ったものがあることを海外メディアが報じている。

RUMOR: George Clooney Reunited With Oscar Isaac To Direct Episode Of Marvel’s ‘Moon Knight’

話数についてはわかっていないが、モハメド・ディアブ監督、ジャスティン・ベンソン監督、アーロン・ムーアヘッド監督についで4人目の監督となるようだ。
ジョージ・クルーニーがドラマ作品でメガホンを取るのは今回が初ではなく、かつてはHuluの『Catch-22』の製作をした過去がある。

『ムーンナイト』はオスカー・アイザックを主演として、ヴィランにはイーサン・ホークが出演することがわかっている。今のところヴィランがどのキャラクターなのかはわかっていない。
撮影はブダペストやロンドン、ヨルダンなどで行われているが、今作についてはあまり目撃情報が入ってきていない。

果たしてMCUシリーズにて実写化される過激派ヒーローのムーンナイトはどのようにして描かれていくのだろうか?
『ムーンナイト』はDisney+ (ディズニープラス)で配信を予定している。

関連記事を読む

コメントをする