月が落ちてくる『ムーンフォール』の特報映像が解禁 ー アマプラで7/29より配信

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

Prime Videoは、大ヒットディザスター・ムービー「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」の監督でも有名なローランド・エメリッヒ監督の最新作で、2022年7月29日(金)よりプライム会員向けに、独占配信を開始する『ムーンフォール』の初の特報映像が公開された!

公開された特報映像は、月が地球に段々と接近してくる迫力満点な映像と共に、月の影響で地球に起こる停電、大水害、地球に降り注ぐ火の玉、大地に亀裂が走る様子など地球崩壊の前触れとなる異常現象や、宇宙船で起こる予想外の非常事態などをスリル溢れる音と共に映し出している。

非常に凝った映像と音の洪水はエメリッヒ監督のディザスター大作映画同様に期待が膨らむばかりだ!また、メインキャラクターの印象的なシーンが次々と画面に登場しますのでお見逃しなく!

出典:© 2022 UK MOONFALL LLP All Rights Reserved

『ムーンフォール』はディザスター・ムービーの巨匠にしてハリウッドの“破壊王”と呼ばれているローランド・エメリッヒ監督の最新作で、謎の力で軌道から弾かれた月が、数週間で地球に激突するという衝撃の事実が発覚し、NASA副長官のジョー、元宇宙飛行士のブライアン、そして自称“天文学博士”のK.C.が力を合わせて地球を救う物語。

また、作中では、NASAがとある情報を隠蔽していたことが発覚する他、それぞれのキャラクターの家族への愛や仲間との絆もしっかり描かれており、迫力の破壊シーンだけでなく陰謀解明の謎解き要素や、キャラクターに共感できる深い人間ドラマも楽しむことができるぞ。

主演のジョーには2001年に『チョコレート』でアカデミー賞®主演女優賞を獲得し、『X-MEN』シリーズでもお馴染みのハル・ベリー、彼女の過去の友人であり超一流の元宇宙飛行士ブライアン・ハーパーには『ミッドウェイ』『アクアマン』『死霊館』シリーズのパトリック・ウィルソン、そして憎めない陰謀論者で自称“天文学博士”のKC・ハウスマンには『ゲーム・オブ・スローンズ』のサムウェル・ターリー役でお馴染みのジョン・ブラッドリーなど豪華ハリウッドキャストが抜擢された!

また、過去の事件のことを知る男ホールデンフィールドを演じるのはアカデミー名誉賞を受賞し、多くの監督・俳優たちから尊敬され、あのキーファー・サザーランド(「24 -TWENTY FOUR-」)の父でもあるドナルド・サザーランドだ。

今回、ローランド・エメリッヒ監督は脚本と製作も兼任。また、エメリッヒ監督の作品ではお馴染みの盟友ハラルド・クローサーが脚本と製作を務め、
スペンサー・コーエンも脚本と製作総指揮として名を連ねている。

本作はアメリカ航空宇宙局(NASA)の全面協力でプロジェクトが進行し、企画の早い段階から製作陣と相談を重ねられたため、よりリアルで信憑性があるストーリーとなった。

果たして3人は国家機密や歴史に隠された秘密を暴き、人類を守り切れるのか?待望のSFパニック・エンターテイメント超大作『ムーンフォール』にぜひご期待下さい!

『ムーンフォール』は7月29日(金)よりPrime Videoで独占配信開始!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。