『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』にMODOKが参戦の情報が再び ー 主要な役割とも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの最新作として製作が進む『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』では、主なヴィランとしてジョナサン・メジャース演じる征服者カーンが登場することがわかっているが、ここに来て再びあの巨頭のヴィラン・MODOKが映画に登場するとの海外メディアのThe Directからの情報が入ってきた。

詳細なことは書かれておらず、MODOKが映画において主要な役割を果たすと伝えている。
この種のニュースに関しては以前からもあり、今回改めての報告のようだ。

ちなみにMODOKを演じる俳優に関しては判明していないが、以前にはジム・キャリーがMCUシリーズを通して演じるという噂が流れたに関しては記事のなかで否定されている。

AIMという科学者組織を率いる巨頭に手足が生えた奇妙な姿をしているMODOKは、かねてから実写作品デビューを望まれていたヴィランのひとりでもあった。その姿をどのようにして再現するのかは注目だ。

『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』は先述した通りメインヴィランに征服者カーンが登場することになっており、そこでどのようにしてMODOKが存在感を発揮するのかも気になるところ。

果たして念願のMODOK実写デビューは叶うことになるのだろうか?映画は2023年7月28日に全米公開予定だ。

関連記事を読む