『ミッションインポッシブル:フォールアウト』監督、DC映画監督の辞退の噂を否定

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』でメガホンをとったクリストファー・マッカリー監督は、映画でともにした『マン・オブ・スティール』でスーパーマン役を演じたヘンリー・カヴィルの作品を製作するという噂が以前から流れていました。
しかしそこから時間がたってもなお最新情報は更新されていません。

最近マッカリー監督はそのことについてツイッターにてコメントをしています。

DC映画参戦辞退を否定!

あるファンがツイッターにて、ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマン映画の監督をクリストファー・マッカリー氏が辞退したことを投稿。そこに監督本人が反応を示しています


君の話は事実ではない。でも僕が言えるのはそれだけだ。

マッカリー監督がDC映画の辞退に関して否定するコメントをしています。ただそれ以上の情報については共有しておらず、具体的に何かの作品の製作のために動いているのかは明かされていませんでした。
そもそも監督がDC映画の製作に正式に参加したという情報もなく、前提から間違っている可能性もあります。

ただ監督自身はヘンリー・カヴィルと再びコンビを組むことには前向きで、今後の動向次第では名監督のDC映画参戦の情報が公式に発表されるかもしれません。

果たして再びスーパーマンの活躍を見ることができるのでしょうか?
また新たな情報が入り次第お知らせいたします!

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!