『スタティック・ショック』実写化へ - マイケル・B・ジョーダンが製作に関与へ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

かつてDCコミックスから発刊され、シェアード・ユニバース作品としてアニメ化もされた『スタティック・ショック』の実写化が決まった。

マイケル・B・ジョーダンの製作会社が計画

複数の海外メディアは、『ブラックパンサー』でヴィランのキルモンガーなどを演じたマイケル・B・ジョーダンと、彼の製作会社アウトライア・ソサエティが、『スタティック・ショック』の実写化映画の計画を発表した。

Michael B. Jordan to Produce Static Shock Movie for DC Comics

スタティック・ショックはマイルストーン・メディアが手掛けて、DCコミックスから発売されていたコミック。
2000年代にはアニメ化もされて好評を得ていた。

黒人ヒーローが主人公の作品でもあるため、マイケル・B・ジョーダンはこのことについてコメントを発表している。

『私は黒人のスーパーヒーローを中心とした新しい宇宙の構築に参加できてことを誇りに思っています。私たちのコミュニティはそれに値しています。』

また今作が精巧した場合マルチプラットフォーム(多媒体)での世界観の構築を目指していくとしている。
まずは映画から始め、興行的にうまくいけば配信ドラマなどにも展開されていくということなのだろう。

DCコミックスを通した新たなシェアード・ユニバースシリーズの展開に今後も注目をしていこう。

関連記事を読む

コメントをする