クメイル・ナンジアニが『オビ=ワン・ケノービ』と『エターナルズ』の違いを語る-「確立されてきたものに本当に足を踏み入れること」

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて2022年5月27日(金)から配信のスター・ウォーズ新作ドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』、MCU映画『エターナルズ』に出演し、今回の『オビ=ワン・ケノービ』にも出演している俳優クメイル・ナンジアニが今作でのキャラクターやMCUとスター・ウォーズの違いについて語った

海外の記事によると、クメイル・ナンジアニがインタビューに答え、自分の役柄がスター・ウォーズとマーベル・スタジオでどのように違うか答えた。

『スター・ウォーズとの違いは…。明らかに、エターナルズでの作業は、新しいキャラクターと一緒に仕事をしているようなものですよね?MCUのキャラクターを知らない人、MCUのこの部分を知らない人が多いんです。つまり、新しいユニバースが生まれつつあるのです。スター・ウォーズの場合は、長い間確立されてきたものに足を踏み入れることになります。同じビジュアル言語であり、人々はこれらのキャラクターを知っているのです。』

MCUで演じたキンゴ『エターナルズ』で初登場したキャラクターであるのに対し、スター・ウォーズの世界はすでに確立されているため、“確率されたものに足を踏み入れる”感覚だったという。

また、クメイルは自分のキャラクターの名前が“ハジャ”であることを明かした。将来的に「またこのキャラクターを演じたい」ことを明かし、「こんなキャラクターを演じるのは初めてだ」と絶賛している。

『このキャラクターをもう一度演じてみたいです。スター・ウォーズのためだけでなく、本当に、本当に、演じていて楽しいキャラクターなんです。こんなキャラクターを演じられたのは初めてです。スター・ウォーズでも詐欺師というのは見たことがないタイプのキャラクターだと思います。』

今回のキャラクターは詐欺師。予告編では短い登場だったが、どのような活躍をするのだろうか。

待望の新シリーズ、『オビ=ワン・ケノービ』は2022年5月27日にDisney+ (ディズニープラス)にて独占配信予定!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。