MCU『スパイダーマン3』にゼンデイヤがMJ役で続投! - トム・ホランドが明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズでも特に続編が期待されているのが親愛なる隣人スパイダーマン。すでにトム・ホランド主演でMCU版『スパイダーマン3』の公開が予定されてろい、期待は高まっている。

そんな今作の出演者にシリーズではおなじみのあの人が続投することが判明した!

ストーリーは常識外れに?

ピーター・パーカー/スパイダーマン役のトム・ホランドは自身が声優として出演する映画『2分の1の魔法』のプロモーションでインタビューに答え、MCU版『スパイダーマン3』にMJ役のゼンデイヤが続投することを明らかにした!

『スパイダーマン:ホームカミング』からMJとして出演しているゼンデイヤは、前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター・パーカーと甘酸っぱいロマンスを演じて、多くのファンをキュン死させた。
続編ではピーターとの関係がどのように発展しているのかも注目だ。

またトム・ホランドは今作が2020年7月から撮影が開始されることをコメントし、ストーリーに関しても”非常識”なものになると明かしている。

『私はとてもうれしいです。7月にアトランタで「スパイダーマン3」を撮影します。(ストーリーについて)まったくもって正気ではないですね。

MCUのスパイダーマンに関しては以前から、ソニー・ピクチャーズが展開するスパイダーマン・スピンオフシリーズとのクロスオーバーも期待されている。そして公式にもそれを示唆するようなものがいくつもあり、直近ではジャレッド・レト主演の『モービウス』予告編でのマイケル・キートン演じるヴァルチャーと思しきキャラの登場ですね。

もしこのキャラが『ホームカミング』に登場したのと同じヴァルチャーならば、MCUとのクロスオーバーが確実となる。おそらくはMCU『スパイダーマン3』でも同じようにクロスオーバーを意識したストーリーになるとも考えられる。

注目度の高い今作は2021年7月16日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です