MCU版『スパイダーマン3』、トムホ&ゼンデイヤが目撃 - ミステリオに関係するものも?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

現在アメリカのアトランタで撮影が行われているMCU版『スパイダーマン3』
街中での撮影が行われているようで、海外のファンやスクーパーによってキャストやセットが目撃され始めている。

そんな今作の主要キャストと、前作のヴィランに関わるものが目撃された。

反スパイダーマン?

海外のファンなどが目撃したMCU版『スパイダーマン3』の撮影セット。そこには雪が積もる中で撮影に挑むピーター・パーカー役のトム・ホランドと、MJ役のゼンデイヤの姿が確認された。

以前目撃されたセットからは、今作の時系列がクリスマスである可能性が高いようで、前作で結ばれたピーターとMJの恋人としての関係がより深まっていくストーリーが描かれるのだと推測される。

一方で別の動画のなかでは、劇中の街に貼られたチラシやポスターの内容が収められている。

中にはミステリオのようなイラストに「I BLEIVE(私は信じる)」と書かれたチラシや、「CITIZENS TO DEFEND SPIDEY(スパイダーマンを守る市民)」といった標語の書かれたものも確認することができる。これはおそらく『ファー・フロム・ホーム』のラストでミステリオに正体を明かされたものに関連したものと見られる。
反スパイダーマン派の市民によってミステリオを支持するようなチラシや、逆にスパイダーマンを支持するチラシなど、市民の間でも意見が対立していることがうかがえる。

正体を明かされ、なおかつミステリオ殺害の濡れ衣を着せられたピーター・パーカーは果たしてどのようにしてこの窮地を乗り越えていくのだろうか?

MCU版『スパイダーマン3』にはほかにもドクターストレンジや、『アメイジング・スパイダーマン2』でエレクトロを演じたジェイミー・フォックス、『スパイダーマン2』でドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナなどの出演も決まっている。

気になるポイントが目白押しなMCU版『スパイダーマン3』は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする