MCU版『スパイダーマン3』、来週にもニューヨークで撮影開始 - 市民向け撮影案内から判明

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズにおいて最も期待値が高い作品なのがMCU版『スパイダーマン3』
新しい情報によると、今作は公開延期をしてしまったものの、撮影に関しては思ったよりも早くに行われることが判明した。

第2ユニットから撮影開始

海外メディアのComicbook.comによると、マーベル・スタジオ最新作MCU版『スパイダーマン3』が10月の2週目には撮影が開始されることを報じている。

Marvel’s Spider-Man 3 Filming Next Week in New York

ニューヨークでの撮影を予定しており、市民向けの撮影公告によって根拠が示されている。

今作は『SerenityNow』という仮タイトルで撮影が行われる予定で、写真にもそのタイトルを確認することができる。
おそらくある程度の道路封鎖などを予定しているため、このような公告が行われたと考えられる。

これにより早くも来週からMCU版『スパイダーマン3』の撮影がはじまることが決定的となった。

一方でこの撮影には主演のトム・ホランドやジョン・ワッツ監督は参加しない第2ユニットによるものだといわれており、ニューヨークでのシーンをいくつか撮影していくとのことだ。

いずれにしても感染防止策をはかりながらの撮影が開始されるというのはファンにとっても朗報だろう。

MCU版『スパイダーマン3』には先日、『アメイジング・スパイダーマン2』に出演してジェイミー・フォックスが同じエレクトロ役で出演することも報じられており、マルチバースに向けた準備が進められていると期待が高まっている。

以前のエレクトロと同一人物なのか、それともMCU世界にて再構築されたエレクトロなのかはわかっていないが、ジェイミー・フォックス自身は「青くはならない」とコメントをしていた。

果たしてMCU版『スパイダーマン3』はMCUにとってどのようなインパクトを残す作品になるのだろうか?今後の情報に注目しよう。
映画は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする