MCU版『スパイダーマン3』、アルフレッド・モリーナが出演! - ライミ版でドクター・オクトパス役

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

現在撮影が進められているMCU版『スパイダーマン3』は、マーベル映画の中でももっとも意欲的な作品といわれており、過去のスパイダーマンのクロスオーバーが行われる、いわば実写版『スパイダーバース』のような映画になるといわれている。

そんな中で往年のファンには嬉しい情報が入ってきた!

エレクトロ&ドクター・オクトパスに再登場

会議アメディアのハリウッドレポーターによると、MCU版『スパイダーマン3』にかつてサム・ライミ監督『スパイダーマン2』でヴィランのドクター・オクトパスを演じたアルフレッド・モリーナが再出演することを報じている。

‘Spider-Man 3’: Alfred Molina Returning as Doctor Octopus

かねてから噂のあったモリーナの出演が事実であると伝えているのだ。
これで今作には『アメイジング・スパイダーマン2』でエレクトロを演じたジェイミー・フォックスに続いて2人目のヴィラン再登場となる。

いずれのキャラクターもMCU世界とは異なる世界に存在していたキャラクターであるため、より一層クロスオーバーへの現実味が高まってきたことになる。

一方で『スパイダーマン2』のラストを思い返すと、ドクター・オクトパスは死亡しているのだ。映画に再登場するにも矛盾が生じてしまう可能性がある。もしかするとオリジナル版とは異なる世界戦のドクター・オクトパスになるというのも否定できないだろう。

別の海外メディアは他にもスパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールドとMJを演じたキルスティン・ダンストの再出演も伝えているが、公式に確認された情報ではないため半信半疑といった感じだろう。

スパイダーマン映画のファンにとってはかつてない映画になるであろうMCU版『スパイダーマン3』。果たしてどのような作品になっていくのだろうか?今後の情報に期待しておこう。
映画は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする