『シー・ハルク』『ムーンナイト』『シャン・チー』などの概要が明らかに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

先日一挙に発表されたマーベル・スタジオの最新作。非常に注目すべきばかり作品が集まっていたが、すでに公開されている作品でも新たな概要が明らかにされている。

まず『ファルコン&ウィンターソルジャー』では次のような概要となっている。

『「アベンジャーズ/エンドゲーム」の最後の瞬間に集まっていたファルコンとバッキー・バーンズは、彼らの能力と忍耐力を試すためにグローバルな冒険に協力していく。』

配信まで1ヵ月ほどとなった『ワンダヴィジョン』ではつぎのような内容に。

『ワンダ・マキシモフとヴィジョンは理想化された郊外の街で暮らす強力なパワーを持った存在だが、すべてが見た目通りではないことを疑うようになる。』

タチアナ・マスラニーが主演することが発表になった『シー・ハルク』

『超人的な訴訟を専門とする弁護士』

未だに謎多き作品でありながら、期待値の高い『ムーンナイト』

『ドラマは解離性同一性障害に苦しむ複雑な自警行為を特徴としている。彼の中に住む複数のアイデンティティはエジプトの象徴を背景とした別個のキャラクターだ。』

最後に2021年公開予定の『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』では次のように書かれている。

『シャン・チーは神秘的な組織のテン・リングスに関わったとき、置き去りにしていたと思っていた過去に立ち向かわなければならない。』

間もなく公開が迫っている作品から、いまだにキャスティングも判明していない作品まで、非常に気になる内容ばかりだ。
今後もMCUシリーズの最新情報が公開され次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする