『ザ・バットマン』2019年夏に撮影開始!脚本ドラフトも完成済み!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCEUシリーズでも最もミステリアスな状況となっている『ザ・バットマン』
監督・脚本にはマット・リーブスが就任していますが、主演に関してはベン・アフレックの去就次第という状況になっています。
ただ計画は少しずつ動き始めているようです!

『ザ・バットマン』は2019年夏の撮影開始を目指す!

DCコミックスに関する情報を多く発信している海外メディアのThe Wrapのウンベルト・ゴンザレス氏は、『ザ・バットマン』の直近の情報を共有しています。


スタジオはマット・リーブスの最初の脚本のドラフトを気に入っています。監督はドラフトの改訂を行いながら、来年夏の撮影開始に向けて動いています。

マット・リーブス監督は、以前登壇したイベントにて、脚本を数週間のうちに書き上げる準備ができているとコメントしていました。
そこから早くもドラフトを完成させ、ワーナーブラザースからも高評価を得ている様子。また以前話していた通り、2019年夏の撮影開始という目標は変わっていないようで、いよいよ本格的に製作が動き出しそうです。

現状では主演予定といわれているベン・アフレックに関しては、出演ではなくプロデューサーとして参加するとも報じられていました。
脚本が進めば、キャストに関する情報も多く出てくると思われます。

『ザ・バットマン』に関する新たな情報が入りましたらお知らせいたします!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です