マーベル・スタジオ、『ファンタスティック・フォー』製作に向けて準備中か - 謎の製作会社設立

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ここ数日、マーベル・スタジオは新たな映画の製作のために製作会社を設立したとの情報が海外から入ってきていた。
会社は3社設立されており、その中の一部は『ヤング・アベンジャーズ』の映画のためではないかと言われている。

そして新たに入った情報によると、どうやら新しいヒーローチーム参戦に向けたものである可能性があるとのことだ。

ファンタスティック・フォーがMCU参戦か

マーベル映画などのスクープを報じているマーフィーズ・マルチバースによると、マーベル・スタジオが設立した製作会社3社のうち、Solve Everything Productionsは『ファンタスティック・フォー』製作のためにのものだと伝えている。

CONFIRMED: SOLVE EVERYTHING A MARVEL STUDIOS PROPERTY; ‘FANTASTIC FOUR’ LIKELY A GO

1つの根拠にはSolve Everything Productionsはウォルト・ディズニー社ではなく、マーベル・スタジオによって運営されている点だと挙げている。
確実な証拠がどのようなものかはわかっていないが、実績にあるスクープを多数報じているメディアのため『ファンタスティック・フォー』の製作の可能性は高いようにも見える。

『ファンタスティック・フォー』は20世紀FOX(現:20世紀スタジオ)によって製作されており、直近では2015年に製作されたが、興行収入が振るわずにシリーズは1作目で中断している。

その後はご存知の通りFOXがディズニー社によって買収されたため、『ファンタスティック・フォー』も実質的にマーベル・スタジオの元に戻ってきた。
今後数年以内にはMCUシリーズとして再リブートされることがほぼ確実視されている。

このような動きを見る限り、思ったよりも早くに『ファンタスティック・フォー』がMCUに参戦するのかもしれない。
今後の情報にはより一層注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする