マーベルテレビジョン、新名称は「マーベルTVスタジオ」に - 今後はケヴィン・ファイギ氏総指揮で進行

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベル・スタジオの大きな組織改編によって、他の部門よりも影響を受けたのがマーベルテレビジョン。今まではジェフ・ローブ氏を先頭に『エージェント・オブ・シールド』や『デアデビル』などのMCUドラマを製作してきましたが、今のところは『ヘルストローム』以外すべてが製作終了しています。

そんな組織改編されたマーベル・テレビジョンの新名称が公式に発表されました。

アニメ『M.O.D.O.K.』の製作発表で判明

Huluで配信される予定のアニメ作品『M.O.D.O.K.』のキャストが公式に発表。その製作を担うのがマーベル・テレビジョンから名称を変更した『マーベルTVスタジオ(Marvel TV Studios)』になることが明らかになりました。

Marvel’s M.O.D.O.K. Hulu Series Reveals New Cast Members

以前の名称の後ろに「スタジオ」がついたのみで、大きく印象が変わるような名前ではないですね。役割としては引き続きTVやネット配信のドラマやアニメの製作に携わっていきます。例外的には映画をメインで製作するマーベル・スタジオは、Disney+ (ディズニープラス)で配信予定のスピンオフドラマの製作を担っています。

マーベルは数か月前から大きく組織改編を行っており、ゲーム以外の映画・ドラマ・アニメ・漫画すべてをマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏の総指揮の元に置くことになり、おそらく今後はMCUのストーリーを主軸に様々な作品の展開がされていくことが予想されます。

同じ人物による指揮ということで、今後はより一層MCUの世界が広がっていくことになります。
今後のマーベルのクリエイティブにも注目をしていきましょう。

関連記事を読む

コメントをする