マーベル・スタジオ、『シャン・チー2』&『ブラックパンサー』スピンオフドラマを23年に撮影開始か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズを展開しているマーベル・スタジオは常に新たな作品を同時進行で制作しており、我々ファンがまだ知り得ていないような作品についても水面下で進行している。

海外メディアの情報によれば、マーベル・スタジオは新たに『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の続編と、『ブラックパンサー』のスピンオフドラマシリーズを2023年に撮影開始すると伝えている。

EXCLUSIVE: THUNDERBOLTS MOVIE AND MORE TO START PRODUCTION IN 2023

詳細なことはわかっていないが、事実だとしたら早くても2024年か25年に公開すると推測することができる。

『シャン・チー』についてはまだ続編制作の公式なアナウンスはされておらず、海外メディアからも続編の動きとしてニュースが報じられるのは今回がはじめただ。アジア人系のヒーローが初めてMCU作品で主人公となり、下馬評を覆す大ヒットを記録した作品なだけに、続編がどのようなストーリーになるかは注目である。

また先日にはシャン・チーの妹のシャーリンを主人公としたドラマシリーズの制作の情報も伝えられていた。

『ブラックパンサー』のスピンオフドラマはマーベル・スタジオから確認されており、ワカンダに焦点を当てたストーリーになるとのことだ。主人公にはオコエやシュリなどの名前があがっているが、まだ詳細なことは伝えられていない。
今作はDisney+ (ディズニープラス)で配信を予定している。

今後『シャン・チー』の続編と、『ブラックパンサー』のスピンオフ作品の情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする