『ブラックパンサー:WF』にドクター・ドゥームが登場しない理由は? ー プロデューサーがコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのフェイズ4の最後の映画として公開を予定している『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』
今作には海底人のネイモアが初登場する作品として話題になっており、ワカンダと海底の国のタロカンとの2つの国の激突も描かれる作品となっている。

そんな今作には以前にファンタスティック・フォーのドクター・ドゥームが登場するとのウワサがあった。
彼もまたラトヴェリアという国の王であるため、ブラックパンサーやネイモアとも同様のポジションにつくキャラクターだ。

そんなドゥームが今回の映画に登場させないことにした理由をマーベル・スタジオのプロデューサーであるネイト・ムーア氏海外メディアのインタビューで明かしてくれた。

正直なところ、合いませんでした。ドクター・ドゥームはラトヴェリアの世界で素晴らしいキャラクターですし、ライアン・クーグラー監督もファンです。しかし、ネイモアがヴィランになると決めたのならば、常にそれが焦点になっていきました

つまりは情報量が多くなることで、本来のストーリーやメインキャラクターたちへの焦点がぶれてしまうことから、ドクター・ドゥームは登場させなかったとのことだ。

これは賢明な判断だとも言えるだろう。
今回の映画ではティ・チャラの死や、リリ・ウィリアムズ/アイアンハートとネイモアの初登場、そして新しいブラックパンサーの誕生も扱っていることから、1作品で扱う内容としては少々過多になっている。そこにさらに初登場のドクター・ドゥームを加えてしまえば、ストーリーが散らかってしまうことは間違いないだろう。

MCUシリーズにはご存知の通りまだドゥームは登場しておらず、その存在もまだ示唆されていない。また公開予定のMCU版『ファンタスティック・フォー』でも彼がメインヴィランにはならないと言われている。

そのためドゥームのMCUデビューは思っている以上に先になるのではないかとも推測されているのだ。

もちろんサプライズ的に予想外の作品で姿を現す可能性があるが、いずれにしても今回の『ブラックパンサー』には登場することはないようだ。

果たして『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』はどのような展開をしていくのだろうか?
映画は2022年11月11日に日本公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。