『ブラックウィドウ』、マーベル・スタジオ代表がどうしても入れたかったシーンとは? ー ケヴィン・ファイギ唯一の指示

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年の最初のMCUシリーズであり、初の単独映画となっていた『ブラックウィドウ』
長年アベンジャーズのメンバーとして活躍してきたナターシャ・ロマノフ/ブラックウィドウの過去を主催に描いた今作では、メインのテーマのひとつに家族といったものが置かれていた。

そんな今作で基本的にはクリエイターに自由に製作をゆだねているマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏が、唯一入れてほしかったシーンについて、メガホンをとったケイト・ショートランド監督が明らかにした。

Black Widow Director Cate Shortland On The Scene Kevin Feige Fought To Keep In The Movie

ケヴィン・ファイギは多くの指示を与えることはありません。彼はとても自由です。しかしそのシーンは本当に映画に必要と彼は感じていた。しかしそれは非常に生き生きとしたものになりました。。』

そのシーンというのがナターシャや妹のエレーナ、母親のメリーナ、そして父のアレクセイという一時期だけ家族を演じていた4人がメリーナの家を訪ねて食事をするというものだ。アレクセイが家族が揃ったことを喜んでいるなどの会話シーンをケヴィン・ファイギ氏は映画に入れたかったと監督にお願いしたそうだ。
家族が数十年ぶりにそろったという意味でも、この映画にとっては重要なシーンだったに違いない。

そんなこだわりが詰め込まれた『ブラックウィドウ』は現在Disney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする