マーベル・スタジオ代表ケヴィン・ファイギ、DC&ワーナーに移籍寸前だった ー MCUフェイズ2頃に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズは世界観を共有するシネマティック・ユニバースシリーズにおいて最も成功した映画シリーズとなっており、それもマーベル・スタジオ代表であるケヴィン・ファイギ氏によるマスタープランがあってこその偉業だったことは言うまでもないだろう。

そんなケヴィン・ファイギ氏だが、実はかつてのマーベルの組織への不満からDCコミックスのコンテンツを有するワーナー・ブラザースからのラブコールがあったことが海外メディアから伝えられている。

2010年代の半ば、MCUシリーズとしてはフェイズ2作品が展開されていた頃の話だ。
ファイギ氏はマーベル・エンターテインメントの元CEOであるアイザック・パルムッター氏からのMCUにおける多様性への反対に不満をもっていた。そのため創造性の相違からワーナー・ブラザースと移籍に向けた真剣な話し合いを行われていたことが明らかにされている。

当時の共同社長であるルイス・デスポージート氏の代理人も彼に連絡をとっていたようだが、結果的にはファイギ氏がマーベルを離れることはなかった。

その要因には2015年頃にファイギ氏が昇進したことと、2019年のマーベル全体の組織改編によって、映画だけではなくドラマやアニメ、コミックにいたるまでがファイギ氏の元に統合されたことが大きく影響しているとされている。もちろんパルムッター氏は辞任しており、現在のマーベルにはいない。

ワーナーがファイギ氏を採用してなにをしてもらいたかったかについては、明らかにDCEUシリーズの総指揮であったことは明確だ。
DCEUシリーズもすでに10年近く続いているシリーズながらも、公開された映画の数はMCUの半分以下。興業的には成功したものも数多くあるため、全く成功しているわけではないが、ザック・スナイダー監督の離脱や、シェアード・ユニバースとしての失敗、そこからの方針転換など、MCUシリーズほどの成功にはまだ至っていない。

DCとワーナーは現在ケヴィン・ファイギ氏のようにシリーズを総指揮できる人材を探しているとのことだが、いまのところはまだ見つかってはいないようだ。
ただホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』を成功させたトッド・フィリップス監督がアドバイザーとして参加しているとの情報もあるため、今後どのようなテコ入れがされていくかは注目だ。

いずれにしてもファイギ氏はまだまだ今後もMCUシリーズを続けていくつもりだ。彼がいま描いているものが実現していく様子をファンとしても目撃していこう。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。