MCUスパイダーマンにオズコープが登場しなかった理由とは? ー マーベル・スタジオ代表が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのスパイダーマンはかつてトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドが演じたスパイダーマン映画とは異なる世界観で作り直された映画で、なおかつ他に多くのスーパーヒーローやヴィランが存在する世界に設定されたスパイダーマンでもあった。

一方でこのシリーズではスパイダーマンの宿敵であるグリーンゴブリンことノーマン・オズボーンが経営するオズコープ社が登場したことはなかった

このことについてマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏が海外メディアのComicbook.comのインタビューに答え、その理由を明かしてくれた。

グリーンゴブリンとドクター・オクトパスはあえて避けていた

MCUシリーズのスパイダーマンではグリーンゴブリンはドクター・オクトパスなどの、かつての映画と同じヴィランはリブートされてこなかったが、この点について当初からの考えをケヴィン・ファイギ氏は話している。

『「ホームカミング」からスパイダーマンをMCUに導入できる機会があったとき、過去の映画にはなかった”2つ”のことを軸にしていました。1つは若くてしてスーパーパワーを持ち、また高校生活の青春を扱っています。もう1つは、そのスパイダーマンがより広いマーベルユニバース内に設定されており、そこに他のヒーローが存在しているということです。常に「これまでに行われたことのないことを、どのようにしてやっていくか」というものがありました。』

これまでのスパイダーマン映画になかった要素を積極的に取り入れて製作されたMCUスパイダーマン。
他のヒーロー、特にトニー・スタークやドクターストレンジとのクロスオーバーなどは以前の映画では考えられなかったことだっただろう。

そのためにオズコープ社を登場させなかったのだ。またピーター・パーカーが蜘蛛に噛まれてスーパーパワーを得るくだりや、べんおじさんのことについてもMCUシリーズになってからは描かれていない。

ケヴィン・ファイギ氏はこのほかにも次のように付け加えた。

『新しいグリーンゴブリンの物語を作ったり、オスコープの物語をしたり、ドクター・オクトパスを登場させることは私たちの選択肢にありませんでした。そのため、ヴァルチャーとミステリオが本当に重要なキャラクターだった。(中略)アルフレッド・モリーナが演じたドクター・オクトパスより良くすることはできない

ファイギ氏はかつてのスパイダーマン映画でヴィランを演じた俳優たちに敬意を払いながら、彼らを上書きするようなことはせずに、ヴァルチャーやミステリオなどのいままで登場したことがなかったヴィランを選択したと話した。

結果的に『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でウィレム・デフォー演じるグリーンゴブリン、アルフレッド・モリーナ演じるドクター・オクトパス、ジェイミー・フォックス演じるエレクトロが再登場するという夢のような作品が完成したため、当初からのケヴィン・ファイギ氏の考えは見事に功を奏したと言えるだろう。

往年のスパイダーマン映画のファンも楽しむことができる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日に日本公開予定だ。

関連記事を読む