マーベル・スタジオ代表ケヴィン・ファイギ、独自性の高いフェイズ4の理由を語る ー 「”全部違う”と言われたい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズは映画ならば『ブラック・ウィドウ』、ドラマを含めれば『ワンダヴィジョン』からフェイズ4が始まり、『アベンジャーズ/エンドゲーム』からは大きくトーンが異なる個性的な作品が数多く公開されてきている。

新キャラクターならばシャン・チーエターナルズムーンナイトなどのこれまでのヒーローにはいなかったヒーローたちに加えて、制作サイドもサム・ライミ監督を招いて『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のような異彩を放つ作品も公開されている。

このような独自性が高いMCUのフェイズ4について、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ氏は『Ms.マーベル』のオンライン上の記者会見のなかで、この理由について明らかにした。

『これは常に意図をしていることなのですが、マーベルのロゴは特定のキャラクターやグループ、特定のトーンを約束するものではありません。精神とスタイル、雰囲気や感情を約束しています。そしてフェイズ4はこれらをするのに最適なタイミングです。「ムーンナイト」から「Ms.マーベル」まで彼らはユニークで、その両端には「ドクターストレンジMoM」と「ソー:ラブ&サンダー」があり、それはユニークです。さまざまなトーンやスタイル、キャラクターをみることができるので、「全部違う」と言われるのがとても嬉しいです。これこそが私達にとって常にキャラクターに感じて、常にそうのような感じてもらいたいことだからです。』

今現在ハリウッド業界では多様性について多くの取り組みが行われており、特にMCUシリーズでは白人だけではなく、黒人やアジア系、LGBTQ+など様々なキャラクターが活躍できる場を提供している。

そういった多様性のような意味からの違いももちろん含まれており、それ以外にも作品自体の世界観や雰囲気もフェイズ4以前の作品群と比べるとかなり”やりたい放題”といっても過言ではないだろう。

今まで以上にキャラクターの幅も広がっているためにそうならざるを得ないが、逆にまだアナウンスはされていない『アベンジャーズ5』のようなアッセンブル映画が作られれば、すべてのヒーローが集ったときの感動はひとしおなのではないかと個人的には思う。

MCUは今後も『ブレイド』や『ファンタスティック・フォー』などの新キャラたちの単独映画が控えており、ドラマシリーズにも『デアデビル』の新作などが作らえるとと言われているなど、数多くの作品が予定されている。

おそらく今後もそれぞれの作品ごとの世界観を展開していくと思われるが、これがどのような未来につながっていくかはぜひとも注目をしておくべきところだろう。
次の10年のMCUシリーズも非常に楽しみである。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。