マーベル・スタジオ代表、『ムーンナイト』を”残忍”と表現 ー MCUの表現が変わる?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

2022年の最初のMCU作品としてDisney+ (ディズニープラス)で配信が予定されているドラマ『ムーンナイト』
今作はコミックでも過激な戦闘スタイルで戦うダークヒーローとして活躍しているキャラの実写化のため、ディズニー社傘下のマーベル・スタジオにおいてどの程度ムーンナイトの過激さを引き出せるのかについて注目されている。

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は海外メディアのエンパイア誌のインタビュー(Comicbook.com経由)に対して、『ムーンナイト』の表現を”残忍”とコメントした。

『彼は残忍です。Disney+ (ディズニープラス)で仕事をすることで、私たちができることの境界線が変化していくのは楽しかったです。』

ディズニーの名前が冠されたサービスにおいて、どこまでの表現ができるのかというのが気になる『ムーンナイト』だが、ファイギ氏は残忍とコメントしながら、今までしていたことの”境界線が変化”しているとも話している。

それは過去のMCUシリーズではなかったような表現がされることを表しており、おそらくムーンナイトの過激なアクションも期待ができるのかもしれない。

ちなみにMCUシリーズは『ムーンナイト』以降にも映画で『ブレイド』の制作を控えており、こちらもヴァンパイアがヴィランというこで、血の表現がどこまでされるのかと注目されている。
またデアデビルやパニッシャーなどのNetflixから権利が完全に戻ってきた作品や、ゴーストライダーなど、今後もまだまだ過激なタイプのヒーローが登場することが予想される。

『ムーンナイト』はそういったヒーローたちの表現の、MCUシリーズにおける1つに指標になるのかもしれない。果たしてファンが納得するようなムーンナイトの活躍がみれるだろうか?今作は2022年3月30日にDisney+ (ディズニープラス)で配信開始予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。