『ファンタスティック・フォー』はオリジンを描かない? ー マーベル・スタジオ代表が言及

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズとして改めて公開日も解禁された映画『ファンタスティック・フォー』
今作はまだどのようなストーリーになり、キャスティングについてもまだ明らかにはされていない。

そんなMCUシリーズでリブートされる『ファンタスティック・フォー』だが、マーベル・スタジオ代表ケヴィン・ファイギ氏海外メディアのインタビューよると、どうやら今作は4人のヒーローの誕生を描くことはないようだ。

多くの人がオリジンストーリーを知っていますよね。多くの人がファンタスティック・フォーのベースを知っています。どうやってそれを取り入れながら、いままでに見たことのない映画をつくることができるでしょうか?』

ファンタスティック・フォーのメンバーは宇宙での実験中の事故によって宇宙線を体に浴びたことで、超人的な力を得たというオリジンストーリーがある。
ミスター・ファンタスティックことリード・リチャーズは体を自由自在に伸ばすことができ、インビジブル・ウーマンことスーザン・ストームは透明化能力、ジョニー・ストームことヒューマントーチは発火と飛行能力、そしてザ・シングことベン・グリムは岩石の体とハルクに匹敵するほどの怪力を持っている。

いままで2度の実写映画でも同じようにオリジンストーリーが描かれていたため、3度目となるMCU版では改めてチームのオリジンを描かないというのだ。

MCUシリーズでは過去に似たような前例があり、それがトム・ホランド演じるスパイダーマンだ。

スパイダーマンも『ファンタスティック・フォー』同様に3度目の実写映画であったため、あえてオリジンについては描かず、いきなり『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に参戦するという参戦方法を見せてくれた。その後の『スパイダーマン:ホームカミング』でもほんのりと能力を持ったきっかけに触れてはいたが、深くは掘り下げることはなく、過去にトビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドで描かれたオリジンストーリーは語られなかった。

理由についても今回ファイギ氏がコメントしているもの同様に「もうみんな知っているから」というものとなっていた。

スパイダーマンの前例を考えるとファンタスティック・フォーも実は以前からMCU世界に存在していたことになるが、いままでなぜ姿を現さなかったのかというエターナルズのような疑問も湧いてくる。そのあたりの辻褄もどのように合わせていくのかは注目だろう。

ちなみに『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』にはアース838の別世界の存在としてミスター・ファンタスティックが登場しており、MCUシリーズへのデビュー自体はすでに果たされている。

MCU版『ファンタスティック・フォー』は2024年11月8日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。