マーベル・スタジオ代表、デアデビル役にチャーリー・コックス起用をコメント ー リターンも近いか?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUのドラマシリーズがマーベル・テレビジョン先導で製作されていた時代の人気ドラマ『デアデビル』は、Netflixとの契約が終了したことで、続編を望む声もありながら惜しくもシーズン3で製作終了を迎えていた。

終了してから2年以上の時間が経過し、デアデビル復活に関する多くの噂が存在している現在、マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は、もしデアデビルが戻ってくる場合は再びチャーリー・コックスを起用することを海外メディアのインタビューで明言をした。

『もし今後デアデビルを登場させるとしたら、チャーリー・コックスになります。彼がデアデビルを演じる俳優になるでしょう』

具体的な新作の製作や、どこかのMCU作品に登場させるといったコメントではないが、マーベル・スタジオとしてはチャーリー・コックスを再びデアデビル役としてキャスティングする意思があることを明言した形となった。

現状デアデビルの登場が噂されている作品としては『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』やドラマ『エコー』だ。特にエコーに関してはコミックでもデアデビルやキングピンも関わりの深いキャラクターということもあり、可能性は高いと言われている。

またDisney+ (ディズニープラス)で配信されている『ホークアイ』にもキングピンの登場が噂されている。

ケヴィン・ファイギ氏が今のタイミングでチャーリー・コックス起用に関するコメントがされたことは非常に意味深なであることは間違いないだろう。果たして再びあのダークな世界観のデアデビルを観ることができるのだろうか?今後の情報には注目をしておこう。

関連記事を読む