『ソー:ラブ&サンダー』ゴアのビジュアルがコミックから変更された理由は?ー ケヴィン・ファイギが明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Disney+ (ディズニープラス)でも配信が始まった映画『ソー:ラブ&サンダー』
今作のヴィランには神殺しのゴアが登場しており、演じるのはバットマン役の経験もあるクリスチャン・ベールだったことも話題になっていた。

そんなゴアの見た目はコミックのものからは少しばかり変更が加えられており、映画ではよりホラーよりなビジュアルで描かれていた。
この理由についてマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は、Disney+ (ディズニープラス)で配信されている今作のメイキングドキュメンタリーのなかで明かしている

『神殺しのゴアは、コミックでは素晴らしいデザインを持っていたので、それをそのまま映画でも利用しようと思ったんだ。ただそれを実際にやってみると、クリスチャン・ベールを活かすことができなかっただろう。彼にはモーションキャプチャーのキャラクターを演じてほしくはなかったので、変更する決断を早い段階でしました。タイカ・ワイティティ監督は俳優にメイクアップをすることでゴアを描けると信じていました。』

コミックでのゴアの大きな特徴としては鼻がなく、触手のようなものが頭から生えているところだろう。どちらかというと異星人のようなビジュアルをしていた。

しかし映画のゴアは人間のようなみためで、頭にはに割れたような傷が多数あり、さらには白い肌に白装束という際立った見た目をしていた。
これによりクリスチャン・ベールのホラーで不気味な演技がより活かされることになったのは、映画を見た人ならば言うまでも無いだろう。

ハリウッドでも屈指のカメレオン俳優で、役柄を演じさせたらピカイチなクリスチャン・ベールの素材を最大限に活かしたといっても過言ではないはずだ。

そんなクリスチャン・ベールのゴアを見ることができる『ソー:ラブ&サンダー』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。