ネイモアの今後の活躍はある? ー マーベル・スタジオ代表「もっと見たい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』にてMCUシリーズにデビューを果たした海底人のネイモア

海の底にある国のタロカンの王として登場し、劇中では様々な事情からワカンダのシュリと激突することになっていた。

そんなネイモアだが、次に登場する作品についての予定は現状では明らかにされていない
長年単独作品の制作を望む声もあるが、これについてマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏海外メディアのインタビューのなかで、将来的な可能性をほのめかした。

”コミックを読んでいる人は、ネイモアは80年の物語の歴史があり、それを利用することができるのを知っています。なので具体的ないつだとか、どこでなどは私たちは自分自身のなかに留めておきます。ただすでに登場されたキャラクターの中でも象徴的で素晴らしいです。おそらく、ほとんどの人、ほとんどの映画ファンにとって初めてだ。そして私たちは期待しています。もっと見たい”

おそらくなんらかの計画があることは確実だろうが、それを具体的に明かすことはなかったファイギ氏。
少なくとも長い歴史を持つネイモアというキャラクターなだけに、MCUにおいて描ける物語のソースは豊富にあることは間違いないだろう。

一方で以前には不安な情報も入ってきていた。
それがネイモアの権利問題だ。

どうやらネイモアはハルク同様に一部の権利がユニバーサル・ピクチャーズに属しており、マーベル・スタジオ単独では映画の制作と配給を行えないというのだ。

ハルクの場合は配給権のみがユニバーサルに属すという特殊な事例になっており、たとえ映画を制作できても単独での配給をすることができない状況となっている。

ただハルクはまもなく権利の期限を迎えるとの情報もあり、同様にネイモアにもその期限が迫っている可能性は十分にありえる。
そうならばすこし時間はかかるものの、ネイモアの単独映画などは決して実現不可能というわけではないはずだ。

果たしてMCUシリーズに紹介された海底人たちやネイモアたちの次なる活躍を見れるのはどの作品になるのだろうか?今後の動きに注目をしておこう。
ネイモアが初登場した『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』は2023年2月1日よりDisney+ (ディズニープラス)で配信開始予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む