マーベル・スタジオ代表『デッドプール3』に「大きな変化がある」 ー 公開日はいつになる?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

マーベル・スタジオの元で制作の準備が進んでいるライアン・レイノルズ主演の『デッドプール3』
今作は現在脚本の執筆作業中であり、現状では公開日については設定されていない。

この『デッドプール』の新作について、マーベル・スタジオ代表ケヴィン・ファイギ氏は「大きな変化」があることを海外メディアのインタビューで語ってくれた。

『「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「ソー:ラグナロク(邦題:マイティ・ソー/バトルロイヤル)」で実現できた方法で、デッドプールをどのように高めることができるでしょうかライアン・レイノルズの映画の世界に参加できるのはとても楽しいですよ』

具体的にどのような変化があるかについては明言していないが、過去のMCU映画を例に挙げながら、新作に対しての期待感をコメントしてくれた。

『デッドプール3』については以前のインタビューで脚本家が、20世紀FOX時代と同じようにグロ表現や下ネタ表現を入れることにマーベルが協力的であることを話していた。実際の映画でどこまでそれらのR指定表現が許されるかはわからないが、デッドプールの人気の理由のひとつでもあるものを排除したら、毒を抜かれたデッドプールになって刺激が少ない映画になることは確実だろう。

いまのところ今作の公開日は明らかにされていないが、先日サンディエゴ・コミコン2022で発表されたMCUシリーズ・フェイズ6までのリリーススケジュールに今作の名前はなかった。さらにデッドプールと関連する『X-MEN』についても現状では新作の発表はされていない。

そんな中でジャーナリストの情報からでは、権利的な問題でマーベル・スタジオは2025年以降にならなければ新作を作ることができないと伝えていた。
『デッドプール』も同様にFOXが権利を持つ作品なだけに、『X-MEN』と同じ状況に置かれていると推測される。

少なくともフェイズ6までにデッドプールが見れる可能性はまだ低いように見える。果たしてマーベル・スタジオの元でどのように生まれ変わることになるのだろうか?今後の情報に注目をしておこう。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

  1. Pcci名無しさん より:

    2025年まで制作できないのはFOXからキャスト変える場合ですよ
    だからライアン・レイノルズのままならデッドプール3は作れるし、FOXに関係のなかったネイモアやミズ・マーベルはだせるしプロフェッサーXも出せたんです。

    • ゆとぴ より:

      >2025年まで制作できないのはFOXからキャスト変える場合ですよ
      知ってますよ。記事の中にそれに言及した記事へのリンクを貼っています。しっかりお読みになってください。

      >だからライアン・レイノルズのままならデッドプール3は作れるし
      作れるのも知っていますよ。ただ公開日がまだ確定できないのは権利関係の問題があるとしています。

      >FOXに関係のなかったネイモアやミズ・マーベルはだせるし
      ここでネイモアやミズ・マーベルを出したのはなぜですか?FOXは関係ないんですよね?

      >プロフェッサーXも出せたんです。
      こちらも知っていますよ。リンク先の記事にて言及しています。

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。