マーベル・スタジオ代表、『アベンジャーズ5』に言及 - 「ある時点で行われる」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズは2020年の沈黙を破り、もう間もなく再始動をしようとしている。
ディズニープラスでオリジナルドラマ『ワンダヴィジョン』を皮切りに、フェイズ4の展開が始まる。

すでに数多くの映画とドラマの公開が発表されているが、今のところ『アベンジャーズ5』についての情報は伝えられていない。

このことについてマーベル・スタジオ代表がコメントをしてくれた。

『アベンジャーズ5』計画は存在はしている?

マーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は海外メディアのIGNのインタビューに答え、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に次ぐ5作目のアッセンブル映画について簡単に答えてくれた。

ある時点では

非常に短い言葉で、『アベンジャーズ5』が存在することを確認した。
詳細は全く共有されていないが、フェイズ4で新たに築き上げられたMCUに世界でもう一度ヒーローが集まる映画が”ある時点”で見れるかもしれない。

サノスの次にMCUのボスとなるといわれているのが征服者カーンだ。カーンは平行世界すべてを支配しようとする存在で、サノスよりも複雑なキャラクターだ。
すでに『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』に登場することがわかっており、ドラマ『ロキ』にも現れるのではないかと噂されている。

またおなじみのアベンジャーズ以外にも、ティーンエイジャーのヒーローによるヤングアベンジャーズの結成も描かれていくと推測されている。2代目ホークアイのケイト・ビショップや、スコット・ラングの娘キャシー・ラング、Ms.マーベル、ワンダとヴィジョンの双子の子供など、複数の作品で新しいヒーローの存在が確認されている。

こういったところを踏まえると前4作の『アベンジャーズ』シリーズとは非常に異なるものになっていくのは明確だろう。ひょっとすると『アベンジャーズ』という名前も使用しない、なんて可能性もありえるかもしれない。

いずれにしてもまだ先の話ではある。今後の情報に注目しておこう。

関連記事を読む

コメントをする