マーベルスタジオ社長、『スパイダーマン:FFH』がMCUフェイズ3の最後であると認める!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

まもなく公開するマーベル・スタジオが送るMCUシリーズ集大成の『アベンジャーズ/エンドゲーム』。こちらの作品は2016年の『シビルウォー/キャプテンアメリカ』から続くフェイズ3の最終作となると予想されていました。そして夏に公開する『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』からフェイズ4が始まるとファンは考えていました。

しかし実際のところこれは間違った予想であることがマーベル・スタジオ社長の口から明らかになりました!

『スパイダーマン:FFH』はフェイズ3最終作!フェイズ4はどうなるのか?

マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のプレスツアーで海外メディアのBiliBiliのインタビューに答え、夏の公開予定の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』がMCUシリーズのフェイズ3の最終作になることをはじめて明らかにしました。

(スパイダーマン:FFH)はフェイズ3の最終作です。これを言ったのはあなたが初めてです。』

地味に初解禁となる事実となりましたが、フェイズ3は『アベンジャーズ/エンドゲーム』では完結しません。『スパイダーマン:FFH』では何かしらの区切りとなるものが用意されているのでしょうか?

ただ振り返るとフェイズ2の最終作となった『アントマン』ではそういった演出は特にみられませんでした。むしろその次に公開された『シビルウォー』の方がフェイズ3の始まりを意識させるようなものになっていました。

すなわち『スパイダーマン:FFH』の次に公開されるMCU最新作でフェイズ4の始まりを告げるような作品が来るのではないかと予想できます。

今のところ公式に製作が発表されているのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』のみ。そのほか製作の情報が入ってきているのは『ブラックウィドウ』や『エターナルズ』、『シャン・チー』などです。『ドクターストレンジ2』『ブラックパンサー2』の名前も挙げられていました。

この中からフェイズ4の始まりを告げる作品はあるのでしょうか?今後の新たな情報に注目していきましょう。

マーベル・スタジオ最新作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!