マーベル、来年6月にフェイズ4作品を撮影開始か - 「ブラックウィドウ」「ドクターストレンジ2」の噂も

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

マーベルスタジオは来年公開予定の『アベンジャーズ4(仮)』に向けて全力疾走していますが、すでにそれ以降のフェイズ4の作品の製作も進められています。
顕著なのはキャスト自身もSNSなどでその様子を共有している『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

またジェームズ・ガン監督解雇に揺れる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』も来年初頭に撮影開始が予定されています。

そして今回、さらに新たな作品の撮影に関する情報が海外より伝えられています。

2019年6月にイギリスで撮影開始?作品候補は3作品!

複数の海外メディアは来年2019年6月に、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が撮影されているイギリスで、MCUシリーズのフェイズ4の作品が撮影開始されるという情報を伝えています。

MARVEL STUDIOS EYEING JUNE PRODUCTION START IN THE UK FOR PHASE FOUR MOVIE

はっきりとした作品名はないものの、候補として挙がっているのが『エターナルズ』『ブラックウィドウ』『ドクターストレンジ2』だといわれています。

その3作品はいずれもマーベル・スタジオから正式に製作がアナウンスされているものではありません。『エターナルズ』に関してはしばらく新たな情報が伝えられていないので、可能性は低いとみられています。

残る『ブラックウィドウ』『ドクターストレンジ2』に関しては意見が分かれています。前者は先日監督としてケイト・ショートランドが内定したとの情報があり、可能性が高いのではないかと予想されています。

しかし『ドクターストレンジ2』に関しては以下のような記事もあります。

Benedict Cumberbatch lands £7.5m payday to star in Doctor Strange sequel

海外メディアによると、ドクターストレンジを演じるベネティクト・カンバーバッチのギャランティーがここ数年の人気から、上がっていると報じており、それを見越したマーベル・スタジオが早い段階で続編の製作に着手しようとしているのではないかと伝えています。

どれも情報も確証が低いものの、もしどちらかが製作されるとなると公開予定は2020年になるのではないかといわれています。ちなみに同年には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の公開が予定されています。

いずれにしても来年6月には新たなマーベル映画が始動します。この時期が近づくにつれてその作品名も明らかになっていくでしょう。マーベルファンとしては注目です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!