マーベル・スタジオEVP、チャドウィック・ボーズマンのバーチャル俳優化に消極的 ー 『彼は一人だけ』

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2020年8月、『ブラックパンサー』などで有名な俳優のチャドウィック・ボーズマンが大腸がんによって死去したことは、世界中の多くのファンを悲しませた。
すでに製作が決まっている『ブラックパンサー2』の製作についてはその訃報の後も何も報じられてはいない。

一部では彼のデジタル処理による再現の可能性も噂されているが、マーベル・スタジオの重役はそのことについてコメントをした。

『彼はもう私たちと一緒にいない』

マーベル・スタジオのエグゼクティブ・ディレクターであるヴィクトリア・アロンソ氏は海外メディアのClarinのインタビューに答え、『ブラックパンサー2』でバーチャル俳優の使用についてコメントをした。

En la cima de la meca del cine Entrevista exclusiva: quién es la argentina vicepresidenta de Marvel, la mujer más poderosa de Hollywood

いいえ、チャドウィックは一人だけで、彼はもう私たちと一緒にはいません。残念ながら私たちのキングはフィクションのなかではなく、現実の世界でなくなりました。私たちは起きたことを尊重するために何をするのか少し時間をかけてみています。とても辛く悲しいです。』

アロンソ氏の考えとしてはチャドウィック・ボーズマンをバーチャル俳優として出演させることは念頭に置いていないようだ。以前にもマーベル・スタジオとしてはそういった手段には消極的だったことも伝えられている。
ファンのなかでもそういった手法を受け入れられない人々も数多くいるのは事実だ。正直に言うと管理人自身もあまりやってほしくはない。

おそらくチャドウィック・ボーズマンの死去に関してはまだマーベル・スタジオ内部では大きな決定は下せていないように見える。いまはただ彼の死を悼んでいることに精いっぱいだ。

ファンの間では『ブラックパンサー2』では妹のシュリがブラックパンサーの名を継ぐといわれているが、まだ確定ではない。コミックではそのような展開もあったが、映画ではどのようになるかは気になるところだ。

ちなみに続編の公開予定は記事執筆段階では変更されておらず、2022年5月6日に全米公開を控えている。延期が無ければ来年にはどのようなキャスティングにするかは決定しなければならない。
状況が日に日に変わる中での製作のため、今後も『ブラックパンサー2』に関する動きは注視しておいた方が良いかもしれない。

関連記事を読む

コメントをする