マーベル新作!『ブラックパンサー2』が2022年5月6日に全米公開決定!ライアン・クーグラー監督が続投!

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベルスタジオもプレゼンテーションを行っているディズニーのイベント「D23 Expo」では、ディズニー+で新しく配信されるマーベルドラマシリーズとして『シー・ハルク』『ムーンナイト』、そして『ミズ・マーベル』の3作品が情報解禁されました。

そしてまた1つ、新たに公開が決まった映画作品のタイトルが明らかにされました!

ヴィランにはネイモアが登場か?

2018年に大ヒットしたマーベルスタジオ映画『ブラックパンサー』の続編、『ブラックパンサー2』が2022年5月6日に全米公開されることが、D23 Expoにて公式に発表されました!


先日開催されたサンディエゴコミコン2019では発表されることのなかった今作は、今まで様々な製作に関する噂があり、いつ公式に発表されるのかとやきもきしているファンも多かったことでしょう。

『ブラックパンサー2』は前作に引き続いてライアン・クーグラー監督がメガホンをとる予定で、キャストに関してもほぼそのまま出演が続投となるようです。
すでにオコエ役のダナイ・グリラや、ロス捜査官役のマーティン・フリーマンは自身の口から続編へ出演していることを明かしています。
主人公のティ・チャラ/ブラックパンサーに関しても同じくチャドウィック・ボーズマンが演じることになるでしょう。

ヴィランはすでに決まっているといわれていますが、その名前に関しては伏せられているままです。ただ一部の情報によると、今作には海底の王者であるネイモアが登場すると噂されていました。

ネイモアはワカンダの王座をめぐってティ・チャラと敵対するといわれています。『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではオコエがワカンダ近海で起きた海底地震についてナターシャに報告するシーンがありました。それがネイモア登場への伏線ではないかと言われています。

また前作のヴィランであるキルモンガーの再登場も話題に挙がっています。すでに故人になっているキルモンガーは、ティ・チャラの父ティ・チャカやその先祖たちのように霊体となって登場するという憶測がささやかれていました。

ただマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏はその憶測に対して、「純粋な噂」だと一蹴しています。果たしてどれが真実なのでしょうか?

これから何かと話題になりそうな『ブラックパンサー2』は2022年5月6日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です