マーベルのケヴィン・ファイギ氏、MCUフェイズ3以降のプランを明かす。更に20本の映画が追加も?

      2017/11/29

この記事を書いた人

ゆとぴ

FRC フィギュアレビューセンターの管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。たまにアニメも。イベントも。 プロフィールはこちら

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

アメリカの雑誌「Vanity Fair」にて『アベンジャーズ インフィニティウォー』や『アベンジャーズ4(仮)』に登場するキャラクターの写真が一斉に公開され、マーベルファンはにわかに盛り上がりを見せていました。

また監督であるルッソ兄弟のFacebookでも謎の「3」という投稿がされ、『インフィニティウォー』の予告編が間もなく公開されるのではないかと噂されています。


そんな中、雑誌のインタビューではマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の今後の展望について答えました。
2019年の『アベンジャーズ4(仮)』の後なにが起こるのか?

『アベンジャーズ4(仮)』はフィナーレ

マーベルのケヴィン氏はインタビューにて今後公開する『アベンジャーズ』2作品について話しました。

Kevin Feige Says 'Avengers: Infinity War' Is a 'Finale'

『(アベンジャーズ4)はファンが見たことのないスーパーヒーロー映画になる。フィナーレだ。シリーズ全体の風景が変わるだろう。私たちが愛する人の物語が終わり、新しい世界が始まります。

ケヴィン氏はMCUシリーズの今後の展望として、やはり『アベンジャーズ4(仮)』で区切りをつけるようです。要するに1つの章が終わりを迎えるということ。
ファンとしては寂しいことではありますが、同時新たな章が始まるとも付け加えています。

アベンジャーズ4(仮)より前のすべてと、後のすべての作品は全く違う。ファンが予想できるような方法でもない。』

サノスを倒した(倒すであろう)マーベルヒーローたちは『アベンジャーズ4(仮)』をピリオドに大きく変革されるようだ。
ファンが予想だにしないような方法での新しい世界の構築ということで、非常に期待が高まりますね。
考えられるものとしては、

・新たな世代のヒーローたちにスポットを当てる。
・リブート
・2巡目の世界(実質リブート)

この辺りは簡単に想像つきますよね。
しかし、ケヴィン氏の言葉によると簡単に予想できるようなことではないでしょう。

また、『アベンジャーズ4(仮)』では今までシリーズを引っ張てきた主要キャラの卒業も決まっています。

具体的には不明ですが、有力候補としてはトニー・スターク/アイアンマン、スティーブ・ロジャース/キャプテンアメリカ、ソー、ブルース・バナー/ハルクなど、初期のアベンジャーズを支えてきたヒーローたちが上がっています。また4人に加えてブラックウィドウ、ホークアイも候補に挙がっています。

理由として、それぞれのキャラクターを演じるロバート・ダウニーJr.、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファエロ、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナーのマーベルとの契約が更新されていないことが挙げられます。
6人のキャラクターはまさにアベンジャーズの初期メンバー。シリーズを支えてきた重要なヒーローたちです。
この中の誰が卒業してしまうのかはわかりません。中には卒業せずに今後も続投する可能性も捨てきれないので、続報を待ちましょう。

しかし新たな時代を築くヒーローも登場しています。例えばピーター・パーカー/スパイダーマンやキャプテンマーベルなどがいますよね。
彼らはまだMCUに登場したばかりのヒーローであり、今後も活躍が非常に期待されています。それにまだ登場していないキャラクターたちの可能性も十分考えられます。

更に20本の作品を追加か?

マーベル・スタジオは2017年までに17本の映画を公開してきました。
2008年の『アイアンマン』から、2017年11月の『ソー ラグナロク(邦題:マイティ・ソー バトルロイヤル)』まで、非常に多くの作品・ヒーローたちが活躍してきました。
2018年以降も『アベンジャーズ4(仮)』まで5本の映画の公開が予定されています。

そしてMCUのフェイズ4以降には20作品以上の映画が予定されているとケヴィン・ファイギ氏が語っています。

Kevin Feige Reveals How Many More Marvel Movies Are on the Way

『22作品の映画があり、私たちは他にこれまでやってきたこととは全く違う20本の映画を予定しています。』

衝撃事実ですね。
フェイズ4の最後を飾る『アベンジャーズ4(仮)』以降にもまだまだMCUは終わることはないということですね。これは嬉し過ぎるニュースですね!

MACUシリーズは今のところ2018年に『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ インフィニティウォー』、『アントマン・アンド・ワスプ』、2019年には『キャプテンマーベル』、『アベンジャーズ4(仮)』がフェイズ4として予定されています。

またこのほかにも『スパイダーマン:ホームカミング』の続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol.3』の製作の情報もあります。『ドクターストレンジ2』や『ソー4』の噂もされていました。
これらの作品が20本のうちに入っているかはわかりません。

『私たちは今まで描かれてきた世界とは別の世界を目指している。地理的にも時間的にもね。』

謎めいた言葉を多くの残したケヴィン・ファイギ氏ですが、MCUの未来は大いに期待を持てることは確かですね。
ひとまずは早く『インフィニティウォー』の予告編が公開されるのを待ちましょう!

『アベンジャーズ インフィニティウォー』は2018年4月27日に日本公開予定、『アベンジャーズ4(仮)』は2019年5月3日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

オススメ記事


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!

あわせて読みたい